過去実績について

 2016年度に実施したTOMODACHI女子高校生キャリアメンタリングプログラムin福島には、県内30校の高校から121名の高校2年生女子生徒が参加し、全4回のステップを行いました。参加者は6人1チームとなり、各チームに1人ずつ岩手・宮城・福島出身の大学生・専門学校生がメンターとして彼女たちの成長をサポート。4つのステップを通じて様々なバックグラウンドを持つ女性の先輩と出会い、「こんな女性になりたい」と思うような未来のロールモデルを見つけたり、自分の将来を考えるきっかけとなったり、積極的に挑戦しようという気持ちを得たりする機会となりました。

2014


2015
2016

いわき光洋高等学校、いわき総合高等学校、湯本高等学校、磐城高等学校、磐城桜が丘高等学校、磐城第一高等学校、福島工業高等専門学校、平商業高等学校、勿来高等学校、いわき秀英高等学校、好間高等学校、いわき翠の杜高等学校、四倉高等学校、第一学院高等学校郡山キャンパス、安積高等学校、郡山開成学園郡山女子大学附属高等学校、尚志学園尚志高等学校、あさか開成高等学校、安積黎明高等学校、郡山商業高等学校、ザベリオ学園会津若松ザベリオ学園高等学校、会津高等学校、会津農林高等学校、会津工業高等学校、須賀川高等学校、清陵情報高等学校、長沼高等学校、須賀川桐陽高等学校、東稜学園福島東稜高等学校、福島高等学校、橘高等学校、福島成蹊高等学校、松韻学園福島高等学校、新地高等学校、相馬高等学校、学校法人石川高等学校、川口高等学校、小野高等学校、白河高校、安達高等学校、本宮高等学校、保原高等学校、原町高等学校
(計43校)

東京都市大学、中央大学、恵泉女学園大学、白梅学園大学、帝京平成大学、上野学園大学、東京未来大学、東京ベルエポック製菓調理専門学校、鎌倉女子大学、文教大学、千葉大学、武蔵大学、慶応義塾大学、桜美林大学、日本大学、産業能率大学、法政大学、武蔵野大学、宇都宮大学、神田外語大学、群馬県立女子大学、昭和女子大学、聖心女子大学、筑波大学、津田塾大学、獨協大学、日本外国語専門学校、日本工学院専門学校、慶應義塾大学・大学院、自治医科大学、東京家政大学、明治学院大学、山梨大学、早稲田大学