じぶん未来クラブ  よくある質問  お問い合わせ
アウトリーチとは   アウトリーチの歴史   アウトリーチの教育目的   参加者の声   保護者の声
参加者の声
Hi, It’s short but it was very very fun & happy. Thank you. I miss you very much.
See you next summer vacation.(10歳)

来年のショーもヤングアメリカンズとおきゃくさんにえがおをとどけたいので、出してください。
それまでにダンスをいっぱい練習しておきます。(10歳)
最初私は教えてもらったことを全部覚えるのはムリだとおもったけど、全部出し切っておどりま した。おどりおわった時、少しすっきりしました。 最後の踊りが決まって大きな拍手をいっぱいもらってうれしかったです。二日間だけど、上手におどれるようになって、そしてなによりも、ぶ台であたらしい友 だちをつくれたこと。一人でも知らない人たちばっかりでも、堂々とおどれる自信をもらったことがいちばんうれしかったです。(10歳)

「アメリカの人だから言葉が通じないな、どうしたら通じるのかな?」と思って、ジェスチャアで話しかけました。えい語が分からなくても楽しかった!!(11歳)

私もしょうらい、ヤングアメリカンズのみなさんのようになりたいと思いました!言葉で表現しきれないほど楽しかったです。(11歳)

たくさんの友達もでき、だんだん恥ずかしがっているほうが変に思えてきました。うまさでグループ分けするのではなく、年れい別なので安心しました。(12歳)
今回の参加を通して学んだことは、何でもやってみること。
決して諦めない。仲間を大切にする。
何でも恐れずにやってみようと思いました。
可能性は限りなくあるんだということです。(16歳)

ダンスも歌も下手ですが、やっている うちにだんだん楽しくなりました。本番は音のズレも気にならず、踊りを間違えたことも楽しくなっちゃうくらいでした。練習の中で、私は自分をよく知らない なと思うことが何回かあって、3日間の体験でそれが発見できたから、これから自分のことをよく考えてみようと思いました。(16歳)
休憩時間になるとみんなでYAの所に行きたくさんお話をしました。アメリカの大学生は見た目 だけでなく心も大人だなぁと感じました。私なら面倒臭くてその気持ちが顔や行動に出てしまうかもしれないけど、YAの人たちは嫌な顔1つせずに分かりやす い英語で接してくれました。だから私も話しかけやすかったです。(16歳)

最初は嫌だなと思っていたがワーク ショップをするにつれて楽しくなっていった。ダンスや歌で私自身をもっと分かる気がした。私は悲鳴を上げる役を任された。ほんのちょっとしか目立たないが 高い音が出ないから家でも練習した。少しのことでこんな練習してたかなと自分でもビックリした。(16歳)
歌とダンスは人をつなぐ。言語も文化も全く違う私たちが3日間の練習を通して一丸となり一つの舞台をつくり上げた、そのことに私は本当に感動しました。この日を私は一生忘れません。(16歳)

初めておなかの底から声を出して歌ったし、全てのことに積極的に打ち込めた。参加して、友達の良いところをさらに知れたし、自分も少し成長できた気がする。(16歳)
とってもとっても楽しかったです!YAの人たちには沢山の笑顔をいただきました。そして「歌やダンス、体を動かすことがこんなに楽しんだ」ということを改めて体感することができました。楽しい時間をありがとうございました。(17歳)

仲間の大切さがにじみ出る作品・みん なが楽しむステージによって、人前で大きな声で歌ったり、表情を変えてみたり、激しく踊ったり...私にはなかったものを与えてくれるきっかけをくれまし た。人生で最高の経験です。貴重な3日間でした。(17歳)
 
企画・運営団体 NPO法人じぶん未来クラブ
Allrights Reserved Young Americans(c); Jibunmirai Club(c)