じぶん未来クラブ  よくある質問  お問い合わせ
アウトリーチとは   アウトリーチの歴史   アウトリーチの教育目的   参加者の声   保護者の声
保護者の声
姉妹で参加させました。2人とも最初は緊張しているようでしたが、「2日間とても楽しくすご せた。来年もまた参加したい!」と申しています。最後のパフォーマンスも、特に次女が、シャイだったのに1人で歌う場面には感涙してしまい、子どもの成長 を強く感じ、親子とも大変刺激的な夏休みをすごさせていただいて大変感謝しています。(6歳&9歳・母)

今でも兄・妹でパートに分かれて歌ったり踊ったりしています。今までそんなことをする兄弟ではありませんでした。踊りは苦手だと思っていたのでビックリしました。(6歳&9歳・母)
学校のお友達と参加したのですが、違う学校のお友達ができ、また参加しようと固くお約束をして終わりました。(7歳・母)

YAのピュアで、パワフルで、エネルギッシュなステージ&ワークショップでの暖かな心のふれあいは何ものにもかえがたい価値のあるものです。(7歳・母)

彼らの情熱・エネルギーには本当に心 を打たれました。また、子どもたちの無限の可能性を改めて感じることができました。少しでも多くの方にYAの存在を知ってもらい、アウトリーチを体験して ほしいと思います!来年もYAを必ず呼んで下さい。(8歳・母)
舞台に上がったり、人前で歌ったりすることを常に恥ずかしいと言っていた子が、この2日間の体験で「舞台ってすごく楽しい」と口にするようになりました。英語を知らなくても、手振り、視線、表情でお互いを理解し合うという真の国際交流を見せていただきました。(8歳・母)

子どもの可能性やパワーが私たち親が知る以上に大きく、さらにそれが光り輝いている様子を感じることができました。本当に素晴らしい感動に胸が熱くなるばかりです。何か残さずにはいられないのでしょう。夏休みの自由研究の宿題もその体験を提出していました。(8歳・母)
表現の技術だけでなく、その心も教えていただき感謝しています。このプログラムは大人の心に変化し始める中2の生徒に受けさせたい。(8歳&11歳・母)

今回、子どもの能力の可能性に本当に感動しました。たったの2日間でこれだけのことを成し遂げられる能力がひそんでいるのですね。もっと我が子の一日、一日を大切にしなければならないなと思いました。(9歳・母)

最近やる気のなかったわが子に、“やる気”と“やればできる”ということを教えてもらい、感謝しています。(10歳・母)

小学校6年という思春期の難しい年頃に突入しつつある娘ですが、ヤングアメリカンズとの出会いは、本人の心を開かせてくれたようです。次回参加する際には、ソロで歌えるようにと、歌を習い始め、本人に合ったダンススクールも検討中です。(12歳・母)

観ている途中何度も心と体に震えを覚えました。ものすごいパワーをもらいました。ステージにたった娘は私以上の感動とエネルギーを体感したようです。(13歳・母)
何に対してもやる気のない子どもがとても楽しんで2日間過ごせました。(13歳・母)

ホストファミリーとして受け入れた男 性メンバーは、中3の息子に対し、「チャンスを無駄にしたらもったいない!!」「やってみることが大切!」と言い、息子は前日に急遽参加。最終日には「I enjoy」と声に出して言っていました!!あの息子が、と感動。(14歳・母)
 
企画・運営団体 NPO法人じぶん未来クラブ
Allrights Reserved Young Americans(c); Jibunmirai Club(c)