じぶん未来クラブ  よくある質問  お問い合わせ
アウトリーチとは   アウトリーチの歴史   アウトリーチの教育目的   参加者の声   保護者の声
ミュージック・アウトリーチの歴史
90年代初頭、全米でおこなわれた教育予算の削減で、学校の必須科目ではない音楽などの芸術授業がカリキュラムから外されるようになりました。その結果、数々の子どもたちの能力を伸ばす機会、表現する機会を奪ってしまった可能性があります。このミュージックアウトリーチは、音楽とダンスの先生として約40人のヤングアメリカンズを各コミュニティに送り、学校に音楽を復活させることを目的に、南カリフォルニアで始まりました。ヤングアメリカンズには17歳~25歳の若者が約300人在籍しており、ミュージックアウトリーチの活動は多くの大学で単位として認定されています。
今では毎年秋(9月、10月、11月)の間に10週間、春(1月、2月、3月)にも同じように10週間のアメリカ国内ツアーがあります。過去6年間は年に最低2回以上アメリカ国外でツアーをおこなっています。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、ドイツ、ルクセンブルグ、ウクライナなど多くの国に出かけ、世界22カ国で51万人の子どもたちがアウトリーチに参加しています。
企画・運営団体 NPO法人じぶん未来クラブ
Allrights Reserved Young Americans(c); Jibunmirai Club(c)