じぶん未来クラブ  よくある質問  お問い合わせ
ご協力のお願い   お受け入れまでの流れ   受け入れの流れ   Q&A   体験談   ホストファミリーの手引き
食事に関する体験談(アンケートより抜粋)
今回は日本人とイギリス人だったので、朝はご飯とお味噌汁にシリアル、アップルジュース、コーヒーなどを用意しました。お弁当は簡単に食パンにハム、チーズ、ツナ、ジャムを挟んだもの、バナナ、パイナップルなどを用意しました。
★ ヤングアメリカンズには日本人キャストもいます!
日本人キャストが2名以上含まれる場合は、日本人同士の組合せになる時もあります。
どのご家庭に、どのキャストが行くのか、どうやって決められているの?

ホストファミリー決定

各ご家庭のご登録情報を元にYA側でどのご家庭にどのキャストが伺うか割り振りを行います

キャストの割り振りが決まり次第、事務局からお受入れいただく人数・性別・アレルギーについてご連絡をします
※アレルギーや食事制限のあるキャストをお受入れいただく場合には予め詳細をご連絡いたします!
★各ご家庭にお受入れいただくキャストについては、ワークショップの状況やキャストの体調、お申込の際にご登録いただくご家庭の情報を一つ一つ確認しながら、カンパニーマネージャーがその都度考えています!

1人がペスカタリアンだったので、1日目はツナトマトパスタ、枝豆、2日目は寿司屋に連れて行き大好評!3日目はレトルトのベジタリアンカレーを温め、豆サラダを作りました。夏だったので、スイカ、アイスが人気でした。
お肉が食べられないということでしたが、魚、乳製品、卵は食べられるということだったので、特に問題なく用意することができました。外食はファミリーレストランが便利でした。


ベジタリアン食、野菜カレー、サラダ、野菜スープ、野菜餃子、ラタトゥイユ、外食ではピザマルガリータ、サラダバーなど。喜んで食べてくれていたように思います。
1人がベジタリアンだったので夕食は2回外食にして好きなものを食べてもらいました。特にしゃぶしゃぶは2人とも気に入り、ベジタリアンの子も野菜と豆腐、白滝、マロニー、餅などを堪能したようです。
ナッツ類も軽食に人気です!
軽食やお弁当にフルーツを持たせてあげると喜びます!

1人ベジタリアンでしたが、日本ではあまりいないベジタリアンを知る事も子どもにとって良い機会でした。
3日間の夕食では、連日ホットプレートが活躍しました。初日は焼きそば、2日目は焼き肉、3日目はたこ焼き。1人がベジタリアンの子だったので、お肉抜きで作ったり、お肉は別にしたりして工夫しました。
菜食主義者の事を一般的にベジタリアンと呼びます。ベジタリアンと一口に言っても、その食生活は人や国、文化によって随分異なります。

肉のみ食べられない「ペスカタリアン」や、肉・魚介類・卵・乳製品などの動物性の食品を極力口にしない「ビーガン」などベジタリアンにも様々なタイプがあります。ベジタリアンのYAをお引き受けいただく際には、予め詳細をご連絡させていただきます。

ベジタリアンになる理由としては、人それぞれですが、主に健康上の理由、倫理的な理由、宗教上の理由などがあります。アレルギーではない場合が多いです。キャストと相談されながら、出来る範囲でご対応いただければと思います。


基本的に食文化が全く違うと思いました。食べ物の種類とか味というより、出されたものは全て食べるという考えが日本人にはある程度あると思いますが、そういう文化が彼らにはないのでそのことを知らない人はちょっとびっくりするかもしれません。
前回、食べられないものが少し多い子で、用意していたものが無駄になってしまったので、今回ははじめから頑張って用意しませんでした。果物と水、ジュース、スナックを多めに用意し、自由に食べてよいようにしました。お弁当には、おにぎりと、ウィンナーやゆで野菜などをドーンと!夕食は、1日目は唐揚げ、2日目は回転寿司、3日目は定食屋さんで食べました。
野菜が苦手だったようで、日本人と違い我慢して食べてくれませんでした。
★日本の若者と同じように、好きなものもあれば、苦手なものもあります。また、キャストは体調管理のためあまり食べない場合もありますので、必ずしもたくさんご用意いただく必要はありません。いつものおうちのご飯で大丈夫です!


食の好みが両極端の2人でしたので、最初は戸惑いました。できるだけYAの子達に尋ねてみるといいと思います。また最初にスーパーに行き、好みを知っておくのがいいでしょう。(これは食事だけでなく、例えば消耗品/歯磨き粉など/の補充をしたいという場合もあるのでお勧めです)資料にはない情報がいっぱいわかります。食べられるけどお腹の調子が悪くなるとか好きだけど食べない様にしている(健康のため)また、好きって程じゃないけど、これだったら食べられるみたいなことがありましたので。


来てからヨーカドーに一緒に行ったりしながら、相談しながら決めました。うちにはお肉を食べられない人と、食べられる人が来ましたが、食べられない人にはおにぎり、食べられる人にはハムチーズサンドイッチ。簡単でした。おにぎりの中身にいつもシークレットを入れてあり、それが楽しみの一つになりました。
★昨日の残りのピザ・唐揚げ・ハンバーグ、フルーツは丸ごと、冷凍枝豆をそのまま、サンドイッチは自分でハムやチーズ、ジャムを挟んでもらうなど、気楽にお考えください!

お弁当は前の日の残り、果物、サンドイッチパン等を机に並べて、自分で好きなように、ジップロックに入れて貰いました、想像以上に楽チンでした。
タコライスは遅く帰ってもワンディッシュで野菜も肉も食べられるし、メキシカンフード系なので好評でした!


あまり気張らず、楽に構えさせてもらったことで、負担には思いませんでした。レトルトを上手く一部に取り入れたり、外食もしたりでしたが、美味しいと言ってくれて気が楽になりました


何種類か出して好きなものをとってもらったり、トッピングを選んでもらったり、ビュッフェのようにしました。
メンバーの好き嫌いを考慮しましたが、ほとんどは普段通りの自宅で料理した食事を提供しました(普段朝はご飯が多いですが、期間中はパンを多く出しました)。1回だけ外食(回転寿司)に行きました。
YAと相談しながら決めました。以前お弁当を作っても残すことも少なくなかったので、ランチはコンビニで好きに選んでもらいました。夕食は、毎回頑張らず、外食もしました。
未就学児が2人いて、夜、YAお迎えの後の夕飯に困りましたが、コンビニ弁当は、好きな物を選んでもらえるし、家で食べられるし、お値段もそんなに高くなくてよかったです。
ホストファミリー経験者の声【食事メニュー例】
  1Day 2Day 3Day
朝食 (例) 菓子パン、トースト、ベーグル、シリアル、ホットケーキ、ワッフル、フレンチトースト、フルーツ、ヨーグルト、サラダ、ベーコン、ハム、卵料理
おにぎり、ご飯、みそ汁
お弁当 (例) サンドイッチ(ハムとチーズ、ツナ、ジャム、ピーナッツバター)
ベーグル、食パン、おにぎり、唐揚げ、卵焼き、チーズ、スティック野菜、フルーツ、
パン屋・コンビニ・スーパーなどで購入
夕食 (例) 照り焼きチキン、コロッケ、トンカツ、ハンバーグ、餃子、天ぷら、しょうが焼き、ステーキ
ピザ、ハヤシライス、カレー、オムライス、ラザニア、ミートボール、パスタ、メキシカン(タコス、タコライス)、チャーハン、チンジャオロース
天ぷら、焼きそば、手巻き寿司、たこ焼き、お好み焼き、炊き込みご飯、そうめん、焼鳥、焼き肉、しゃぶしゃぶ
軽食 (例) フルーツ(バナナ・りんご・オレンジ等)、ピザ、パン、おにぎり、マフィン、
ヨーグルト、クッキー、チョコレート、
グラノーラバー、ソイジョイ、エネルギーバー、クラッカー、ビスケット

お昼を挟むアウトリーチの際は、受講生もYAもお弁当のご用意をお願いしております。
お弁当ならびに飲み物(お水など2L程度)をお持たせください。
また、お弁当と併せて軽食(果物・パン等)もお願いいたします。
企画・運営団体 NPO法人じぶん未来クラブ
Allrights Reserved Young Americans(c); Jibunmirai Club(c)