キャリア教育支援

調べて、発表して、キャリア像を明確に

キャリア教育支援は、高校生の総合的学習の時間などで実施されるキャリア教育プログラムの企画・運営を、じぶん未来クラブ(JMC)が支援するものです。授業に年1回だけ組み込まれるような単発型ではなく、年間を通じたプログラムづくりを提案していく点が、特色となっています。

2011年から支援を続けている、東京都立芦花高校での取り組みを例に、具体的な内容を説明しましょう。プログラムは週1回、時間割の2時限分をまとめて割り当てられる、総合学習の時間で展開されます。「疑問をもち、好奇心を高める」「色々な答えがあることを知り、自分で考える」「広く意見を聴いて討論する」「互いの意見や提案を生かす」「安易に妥協せず、自分の進路にチャレンジする」といった点をめざします。アウトプットの場をいくつも用意し、伝えたいことを自らの言葉で表現できるようにすることも意識しています。

1年生の夏には「職業人インタビュー」を実施します。家族以外の、自分が会ってみたい働く大人にインタビューするですが、事前にいくつかのステップを踏みます。大活躍している社会人の講演を聴き、会ってみたい大人のイメージをかきたてます。先生らを相手にインタビューの練習も積んだうえで、いよいよ本番に臨みます。「どうしても客室乗務員に会いたい」「会社を起業した人に会いたい」「好きな商品の開発をした人の話が聞きたい」と、何度断られても挑戦する生徒がいます。一方で、中学時代の先生から「だれにも可能性があると信じることが、教師にとって最も大切」という話を聞き、よく知っていると思っていた職業に、感動的な一面があることを発見する生徒もいます。

3学期にはチームで協働するプログラムが用意されます。少人数のグループに分かれ、4月にやってくる新1年生に、芦花高校の1年間をわかりやすく伝え、過ごし方をアドバイスする45分の交流会を企画します。何も知らない新入生に伝えることで、自分たちの1年間を振り返る意味も、この企画には込められています。大学生などから助言を受けながら作り上げ、1年生との交流会に臨みます。

2年生では、夏に大学などのキャンパスを訪れます。大学生たちに声をかけてインタビューすることが課題です。そのほか、母国を飛び出して日本で学んでいる留学生の、これまでの人生を聞くなど、行動すること、挑戦することへのハードルを下げることを意図したプログラムが用意されます。2学期には、大手企業に向けてビジネスのアイデアをプレゼンテーションする、高校生の全国大会への参加をめざします。このような多彩なプログラムを通じて、生徒たちは多様な価値観に触れ、矢面に立ち、チームで協働します。「自らの人生を作るのは自分」と、何事にも当事者意識をもって臨めるようになっていくのです。

キャリア教育支援 - 参加者の声
  • この活動を通して、"何をするにしても、言われたことをやるだけでなく、何か私にできる新しい発見や発想を見つけ出していきたい"と思えるようになりました。
  • やったことがないことにも挑戦してみようと思えるようになった。自分にはできないと思って避けていたことが、実はすごく楽しいことだったりする。視野が広がって考え方が変わったように思う。
  • 何かをやりたいと考えても、方法とかを考えて諦めたり不可能だと思っていたけれど、色々な人がいて、意外に自分に近い(年齢の)人がすごいことを目指し、叶えていたりすることを知り、すぐあきらめてばかりではダメなのだ、自分にはいろいろな可能性があるのだと感じた。
  • 自分のことを考えさせられた。総合の時間のたびに、がんばろうと思わせてくれた。
  • 学んだことは人間関係。今の社会において人間は一人では生きていけないということ、また関わっていないようでも何かしらに人との関わりがあるということ。
  • 全力で何事もやることの素晴らしさを学んだ。入学当初は学校生活がつまらなかったけど、この授業を通して、いろんな友達や先生とひとつのものを作り上げ、友情が深まって楽しくなりました。
  • 自分の力で考えたり、みんなで協力して考えたりして、それを後輩やクラスの人たちなどに伝えるということが難しかった。だけどそのことが自分を成長させました。

これまでの実績

実施年 学校 学年(人数)
2008年度 都立葛飾総合高校 1年生(約240人)
2009年度 都立葛飾総合高校 1年生(約240人)
都立世田谷総合高校 1年生(約240人)
2010年度 都立世田谷総合高校 1年生(約240人)
2011年度 都立芦花高校 1年生(約240人)
2012年度 都立芦花高校 1,2年生(約480人)
2013年度 都立芦花高校 1,2年生(約480人)
2014年度 都立芦花高校 1,2年生(約480人)
2015年度 都立芦花高校 1,2年生(約480人)
2016年度 都立芦花高校 1,2年生(約480人)
総合計 3,600人